オークファームのこだわり

おいしい空気ときれいな水

山と緑に囲まれた自然豊かな鮭川村。そのおいしい空気と定期的に水質検査を受けた、きれいな冷たい水をふんだんに取り入れて、自然の環境に近い室内で栽培を行っています。

おがくずと栄養剤

おがくずは、東北産のブナやナラ等の広葉樹から作られた、定期的に放射線検査をクリアした安全なものを使用。そのおがくずに、水と、原料検査を行った小麦のぬか・コーン真などを含むオリジナルの栄養剤を混ぜ、約80日でしっかりしたなめこが育つ培地を作ります。

温度と湿度で季節を再現

高温で殺菌した培地に、クリーンルームでなめこの菌を植えてから、温度や湿度を調整し春や夏のような気候を再現した部屋で、約65日間じっくりと培養します。その後蓋を取り、おがくずの表面を軽く削り、水をかけて、さながら秋の雨季のような、水蒸気たっぷりの部屋で待つこと約7日。元気ななめこの芽が出てきます。

収穫から出荷をスムーズかつ安全に

2台の収穫機により1時間あたり約600kgのなめこを機械で切ることで、スピーディかつ手作業による殺菌等の汚染の可能性を除去。おがくず等の異物を水で洗い流し、速やかに包装機にて包装され1袋ずつ金属探知機でチェックされます。目視でしっかり異物チェックをし、箱詰めし、冷蔵庫へ。新鮮なうちにお客様の元に届くよう収穫当日もしくは翌日には出荷しています。

JGAP認証農場として

2019年5月にJGAP認証を取得し、従業員一同、食の安全・労働安全・環境保全への意識を高めながら、常に品質の高いなめこを提供できるよう、日々の業務に真摯に取り組んでいます。

会社概要

名 称
農事組合法人 オークファーム
代 表
代表理事 阿部 高雄
住 所
〒999-5205 山形県最上郡鮭川村大字川口3937-1
連絡先
TEL 0233-55-8180 FAX 0233-55-8182
出資金
4,000万円
設立月日
平成12年12月20日
営業種目
なめこ生産
きのこ・野菜類の生産・加工・販売
きのこ生産資材の販売
従業員数
正社員19名、パート5名

沿革

昭和54年
なめこ栽培開始。
鮭川村で初めての空調栽培を開始。
平成12年
4人の生産者と共に『農事組合法人
オークファーム』を設立。
平成13年
地域林業集約化型林業構造改善事業
でなめこ生産施設を導入。

アクセス